JF高知県漁業協同組合

高知の漁業

刺網漁業(浦戸湾)

 浦戸湾では、ヒラメ、コチ、カニ類などの高級魚をねらって刺網漁業(許可漁業)が操業されており、湾内の基幹漁業となっています。
 漁獲されるものの中でも、ノコギリガザミ(通称「えがに」)は、国内では静岡県浜名湖、沖縄県八重山諸島とここ浦戸湾だけでしか商業ベースとしては漁獲されておらず、その希少さから高級品として流通しています。

 浦戸湾におけるノコギリガザミの年間の漁獲量は近年5トン前後で推移しており、ほとんどが高知市中央卸売市場に水揚げされていますが、漁業者自らが独自のルートとして、高知市内の飲食店への直接販売やインターネット通じた販売なども行っています。

【操業方法】

 使用船舶は主に船外機船で、1〜2人が乗り組んで操業し、1隻が3ヵ所ほどに網を仕掛けます。網は毎朝引き上げ、引き上げた網はそのまま船で持ち帰り、港で漁獲物をはずします。

主な操業の時期 周年
主な対象魚 ヒラメ、コチ、ノコギリガザミ(えがに)、タイワンガザミほか