JF高知県漁業協同組合

高知の漁業

小型底びき網漁業

 小型機船底びき網漁業は、えびやひらめなどの海底に生息する魚介類を獲る漁法で、漁具の特徴として、網口に網を拡げるための竹が取り付けられているために、俗に「竹張り」とも呼ばれています。

 底魚資源を効率的に獲る漁法は、底びき網以外にない反面、資源への漁獲圧力が大きくなり易いことから、資源への影響をコントロールするため、網の目合い、操業区域、操業時間などの様々な規制が設けられています。

 午後6時頃出漁して、曳網、揚網を繰り返しながら同時に船上で漁獲物を選別します。その後、午前3時頃に帰港して漁獲物を水揚げし、午前4時のセリにかけます。

 以前は漁獲量も500トンを越えていましたが、資源の悪化、操業隻数の減少などにより、近年では200トン前後で推移しています。

主な操業の時期 4〜12月
主な対象魚 よしえび、くまえび、くるまえび、ひらめ




くまえび(通称「あしあか」)