JF高知県漁業協同組合

高知の漁業

めじかひき縄漁業

 全国1の漁獲量を誇る高知県のめじかは、ひき縄釣りという方法で主に漁獲されています。周年高知県の沿岸で漁獲されますが、主な漁場は足摺岬周辺から叶崎沖周辺となっています。
 冷凍のイワシシラス、イカナゴ、アミ類などを撒き餌に使い、集まってきためじかをメジカカブラで釣る漁法です。
 漁場では、船を左旋回で円を描き、撒き餌が常に円の中心に来るように操船します。撒き餌はプラスチック製の容器に冷凍したままの餌を入れ、これに海水を徐々に流して溶け出していく仕組みになっており、一人でも操業でるようになっています。
 一人乗りの場合は左図のように4〜5組の漁具、二人乗りの場合は6〜8組の漁具を使用します。
主な操業の時期 周年
主な対象魚 マルソーダ(メジカ)、ヒラソーダ(スマ)