JF高知県漁業協同組合

高知の漁業

しいらまき網漁業

 しいらはひき縄や1本釣りでも漁獲されますが、最も効率的で漁獲量の多い漁法は、このしいらまき網漁業です。
 現在は、手結漁協や興津漁協を中心に操業され、毎年1,000トン前後の漁獲を揚げており、これらの地域の基幹漁業となっています。

【操業方法】

@ サワラ型(長さ1m程の布製のカマスザワラの擬似餌)やサバ、メジカの1本掛けをシャクリながらシイラ漬けからシイラを誘い出します。
A〜C しいらが漬けから出てくると、サワラ型等を船尾左舷で曳きながら、左旋回しながら投網していきます。
D、E 投網が終わると直ちに沈子部から船尾両舷に装備している2台のネットホーラーで網を絞って漁獲します。A〜Eまでは5分ほどで行います。

 しいら漬けは、長さ10〜12mの孟宗竹5〜7本を針金で1括りにし、下部にやまももの木(または古網)を付けて、水深150〜1,000mの海域に設置します。各漁業者が自分の漬けを識別するために、それぞれ独自の目印を立てています。

主な操業の時期 4月1日〜11月30日
主な対象魚 しいら