JF高知県漁業協同組合

高知の漁業

きんめ釣り漁業

  県東部海域の主力沿岸漁業であり、3カ年平均で約1,700トン、13.6億円の水揚げがあり、主に【樽流し漁】と【手釣り】で漁獲しています。

【樽流し漁】

 針のついた枝糸を3.5m間隔の50本つけた漁具を使用します。
 餌は塩蔵いわしで、漁具の下に重り、上には水深に合わせ400〜800mの道糸を付け、木製のタルを浮きにして、潮流に流します。
 このような漁具セットを1タルと言い、1船が20〜50タルを使用します。
 漁具を投入してしばらく待機後、最初のタルから揚げていきます。

【手釣り】

 針のついた枝糸を1m間隔に80本程つけた漁具を使用します。
 疑似針が主ですがいわしを餌として使う方法もあります。
 重りと道糸はタル流しと同じですが、道糸を船の上でしゃくり(上下させる)、「アタリ」を確認しながら、きんめだいを漁獲します。

 仕向先は、以前は関東方面が中心でしたが、最近では県内での消費も増加してきています。
主な操業の時期 周年