JF高知県漁業協同組合

高知の漁業

県魚にも指定されているほどかつおは高知県と深い関わりがあります。
詳しくはこちら >>かつおについて

かつお一本釣り漁業

 ナブラと呼ばれる魚群を発見すると、いわしなどの生餌をまき、かつおを集めます。
 散水機で海面にシャワーを注ぎ、小魚が逃げているように錯覚したかつおが、カブラという擬似餌に食いつき、次から次へと豪快に釣り上げられます。
 黒潮牧場の設置により、漁場探索にかかるコスト、時間が節約されて、効率的な操業が出来るようになっています。

【主要漁場】

 5〜10トンの漁船は、ほとんどが土佐沖30マイル(約48キロメートル)以内で操業します。

 19トン型漁船は、薩南海域から遠州灘付近で操業します。

遠洋・近海
かつお一本釣り漁業

漁船
2月中旬〜11月
沿岸
かつお1本釣り漁業

漁船
盛漁期:5、6、11月