ト ビ ウ オ


旬・・夏

おもな調理法・・刺身、塩焼き、揚げ物

鮮度のポイント・・背の青さと腹の銀色が
       鮮やかな物ほど鮮度が良い。

  


トビウオのトマト・バジル和え
 (材料2人分)
  トビウオ(400~500g)・・1尾  
  ニンニク・・2片  オリーブオイル・・大さじ4杯
  トマト・・大サイズ1個
  ベビーリーフ・・適量
  塩・ブラックペッパー・・適量  バジル・・3枚

 (作り方)
 ①トビウオは3枚におろして中骨・皮を除いて細かく刻む。
 ②トマトは半分に切って種を除きダイス切りにする。
 ③バジルの葉は小さく四角に切、ニンニクはみじん切りにする。
 ④ボウルにトマト・バジル・ニンニク・オリーブオイル・塩・ブラックペッパーを入
  れ良く混ぜる(基本的に塩味で食べるので、塩の量はお好みで調整する)
 ⑤細かく切ったトビウオの身を加えて良く混ぜ、お皿に盛り合わせる。
 ⑥ベビールーフなどの野菜を盛りつけて完成。


トビウオの団子汁
 (材料2人分)
  トビウオ(400~500g)・・1尾  
  生姜・・親指大1片  長ネギ・・1/3本
  片栗粉、三つ葉、塩・・適量
  水・・600cc


 (作り方)
 ①トビウオは3枚におろし中骨・皮を除いて細かく刻む。
 ②小さめの鍋に水600ccを入れトビウオの骨でダシを取る。
 ③トビウオを細かく刻んだものに生姜・長ねぎのみじん切り・片栗粉を加えて
  良く混ぜる。
 ④団子状に丸めた身をだし汁に入れ、中火で茹でる。
 ⑤団子に火が通ったら塩で味を調え、器に入れて彩りに三つ葉を添、完成。


トビウオのなめろう
 (材料2人分)
  トビウオのアラ・・1尾分  味噌、ネギ・・各少々
 (作り方)
 ①おろした後の骨などに付いた身をスプーンでこそげ取る。
  (血合いは入らないように気を付ける)
 ②まな板に①をのせ、味噌・ネギを加えて包丁で身とネギ、味噌が混ざるよう
  にたたく。
 ③適当ななめらかさと混ざり具合になったら小鉢に盛ってできあがり。
  ※団子状に丸めてお吸い物の椀ダネとしてもOK



トビウオの酢物
 (材料4人分)
  トビウオ・・2尾  キュウリ・・1本  塩・・適量  みょうが・・適量
  ごま・・少々    三杯酢・・適量
 ※3杯酢
  だし汁・・1カップ   酢・・1/2カップ  砂糖・・大さじ3
  薄口しょうゆ・・大さじ3と1/3  塩・・小さじ1

 (作り方)
 ①新鮮なトビウオを3枚におろし、腹骨は包丁ですき取ります。
 ②振り塩をして、15分~30分程度寝かせます。
 ③塩押ししたキュウリとみょうがを千切りにし、よく水を切り和えます。
  トビウオは食べやすい大きさに切ります。
 ④三杯酢を適宜に混ぜ合わせて、お皿に盛りつけ、お好きな量のゴマを
  混ぜてできあがり♪

★★一口メモ★★

  
トビウオはマグロなどの大型魚に追いかけられると海上を飛んで逃げます。
  ひと飛びで最高300mも飛ぶと言われているんですよ!!

                   高知県漁業協同組合