みなさん、シイラを見たことありますか?アジやサバなどと違って不思議な形をしていて、深海魚の一種かな?っと思わせる姿形に、そしてその大きさに初めて見た時はビックリしました

高知県では手結や興津が水揚げの中心となっているシイラは、外洋性の回遊魚。全世界の暖かい海に広く分布し、春から夏にかけて産卵のために日本近海にやってきます。1匹の大きさは3~4キロが一般的ですが、大きなものは体長2メートル40キロ近くにまでなるそう!

オスは成長するにしたがって額が隆起してくるのが特徴で、
色は何と表現したらいいのでしょう、青~緑~黄色という
感じでしょうか。海中で泳いでいる際はもっと色が白く、水揚
げされて時間がたつと黄色が濃くなってくるそう。
海から揚げるときに目まぐるしく色が変化するので「虹の魚」
とも言われるそうですよ。



                             シイラは海面の浮遊物に集まる習性があり、それを利用した
                             「シイラ漬け漁」が行われています。
                             山から切り出した竹や実のついたヤマモモの木を組んだ
                             「シイラ漬け」と呼ばれる漬け木を沖に浮かべ、集まってきた
                             シイラをその好奇心旺盛な特性を利用しておとりを使い巻き
                             網で捕獲します。
                          
         コレがシイラ漬けの仕掛け           「シイラまき網漁」については詳しくはコチラ
                               

そしてシイラには、地方によって様々な呼び名があります。
例えば、たくさん獲れるという意味から「クマビキ(九万匹)」や「トウヒャク(十百)」、「マンビキ(万匹)」など。
「クマビキ」には熊を引けるほど力があるという例えから生まれたという説もあります。その力強い泳ぎが「釣り応えがある!」っと、最近では手結沖でもルアーフィッシングを楽しむ人も増えてきているそうですよ。

他にはあまり良い呼び名ではありませんが、「ネコマタギ」があります。
「ネコマタギ」とは、鮮度落ちが早く猫も食べないという意味らしいですが、船上で素早く活き〆して血抜きをする漁師さんの手間と、近年の輸送手段の発達などにより高鮮度なシイラが流通するようになり、その名はもはや過去の物。新鮮なシイラの刺身は絶品ですハワイではマヒマヒと呼ばれ、シイラは高級魚なんですよ!

そして!!手結では加工場の改修工事を終え、今新しい取り組みを始めています。
小型であまり高値の付かないシイラを漁協が競りで買取って加工。2次加工からは民間と協力してすり身やパテなど、新商品の開発・販売にも力を入れています。

   手結支所発!シイラの試食販売  -7月に県庁で行ったイベントの様子-

   手結のシイラ 加工場から地元に元気を   -新しくなった加工場におじゃましてきました-


  手結での水揚げの様子  


 
 
    

↑ 上がオス、下がメス ↓

高知県漁業協同組合|本所 〒780-0870 高知県高知市本町1丁目6番21号 高知県水産会館2階 TEL088-854-3600/販売部 〒781-0240 高知県高知市横浜1814-1 TEL088-803-7611
JF高知県漁業協同組合
手結のシイラ
トップ アクセス