3月も半ばになりサクラ咲く春が待ち遠しい時期となりましたが、今週は雨は降らずとも寒波の影響で冷たい風の吹き荒れる1週間でしたね。

さて、昨年に続き芸東ブロックでは室戸沖の大敷き網(大型定置網)にブリが大量入網しました!!

先週3月4日、「そろそろブリがたくさん揚がる時期になったな・・」
と1人芸東ブロックへ足を延ばすと、なんとちょうど三津支所の大
敷き網にブリがたくさん入っているとの連絡が!

なんてナイスなタイミングなんだ≧▽≦とドキドキしながら三津支所
へ向かうと、まだ船は戻ってきていませんでしたが市場では受入の
準備がちゃくちゃくと進んでいました。

たくさんのコンテナが用意され、それぞれに砕氷と水をいれて船の
帰港を待ちます。

っと、ここからは産地紹介のページで詳しく紹介したいと思います。
近日更新予定
                                               魚槽タンクいっぱいのブリ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月10日、今度は佐喜浜でブリが3,000本あがり、その日の夕方のニュースにも水揚げの模様と共にテレビで紹介されていました。今年は例年より大きめのブリが多く、90cm~1mクラスの物もあるそう。

ちなみに3月1日~10日までの10日間で佐喜浜支所で144トン、椎名支所で80トン、三津支所で34トンものブリが水揚げされています。1匹ずつ釣るのとは違い、大敷き網は当たれば1度に大量に獲れるので、ある意味ギャンブルだという漁師さんもいました。水揚している時の漁師さんの顔は満足感が溢れていて、市場も活気に満ちていましたよ。


 
 ブリの入ったコンテナが所狭しと並ぶ市場



                      

高知県漁業協同組合|本所 〒780-0870 高知県高知市本町1丁目6番21号 高知県水産会館2階 TEL088-854-3600/販売部 〒781-0240 高知県高知市横浜1814-1 TEL088-803-7611
JF高知県漁業協同組合

ブリの大量水揚げ

今年もきました!!
新鮮なものはもちろんお刺身でいただくも良し、照り焼きにしたり大根と一緒に煮てブリ大根なんかにしても美味しいですよね

私はこの前初めてブリの肝をいただきました。いつも良く食べるサバなどとは違いその大きさにもビックリで(魚体の大きさが違うので当たり前ですけど)、どうやって食べようかと迷いましたが、結局は定番の煮付けにしました。カマの部分はホイルで軽く包んで塩焼きに、どっちもおいしくいただきました。

ブリの季節はもう少し続きます。みなさんも季節の便り、ブリはもう食べましたか?
トップ アクセス