JF高知県漁業協同組合
試食・意見交換会ののち、会場を移して店内の特設ステージにて高知の
名産品が当たるイベントが行われました。尾﨑正直知事から高知の魅力
満載のPRがあった後、買い物に来ていたお客さんに抽選で高知のうまい
ものがプレゼントされました。私も欲しいと思ったのですが・・。

今回改めて、高知には他に負けない良いものがたくさんあるなと実感しました。
「龍馬伝」効果によって県外から沢山の目が集まっている今こそ、地産外商を
進め、
高知をもっと知ってもらうチャンスだと思います。

  高知をもっと!!
           - イトーヨーカ堂 1都5県32店舗 -


2月17日~22日 イトーヨーカ堂(関東エリア地区)にて、高知県産品を多数取り揃えた高知フェアが開催されました。
県内27の業者が出店していて、もちろん我々高知県漁協も高知の新鮮なお魚をアピールしてきました。
他にも、野菜・果物・精肉・地酒・加工食品などなど、うまいもんがたくさんならんでいましたよ。

フェア開催期間中の20日(土)、アリオ亀有店にてイベント・意見交換会が行われ、その様子を取材してきました。




まずフェア開催にあたり、イトーヨーカドーと高知県関係者による意見交換会が行われました。 
     
地産地消という言葉を聞いたことありますか?近年よく耳にするようになった気がしますが、 
地域で生産されたものをその地域で消費することを言います。これと対になる言葉として
地産外商があります。
こちらは
地域だけでなく、外に打って出て地域外の方に消費を進めること。そのための販路開拓・販売拡大をいいます。
アンテナショップが1番身近な例ではないでしょうか。
今回のイベントは、高知を県外のみんなに知ってもらうための、地産外商のひとつのステップです♪♪





続いて出席者全員で、参加団体からPRの行われた商品の試食会が行われました。
高知県漁協からは先ほどの清水サバが振る舞われ、他にはちきん地鶏や文旦、野菜に地酒など、
イトーヨーカ堂担当者と高知県関係者、参加団体の間では積極的な意見・会話が飛び交っていました。
みな最初は固い表情でしたが、おいしいものを食べていると自然とにこやかになり、良い雰囲気で会は進んで行きました。





 ところ変わって、こちらは店内の様子です。のぼりが立ち、思わず立ち寄りたくなる感じですよね。新鮮な高知県産のお魚が
 キラリと、ついつい目がいってしまいます。特にここに並んでいる真鯛は、”海援隊”というブランドの普通とはちょっと違う鯛です。
 餌にもこだわりがあり、色や形、大きさまで徹底し、手間暇かけて育てられた逸品です!!


                
  
         
気になる方はどうぞお問い合わせください!!    高知県漁業協同組合 ☎088-854-3600



     
 

左の写真は意見交換会の様子です。
挨拶から始まり、その後参加団体からそれぞれの商品PRが行われました。
高知県漁協からは竹村専務が出席・スピーチを行い、”清水サバ”を強烈
プッシュしてきましたよ。漁の時から出荷されるまで、実に丁寧に扱われて
いるのでなんてたって鮮度が命!
ビチビチ(新鮮)で本当においしいんです。

 
  ★詳細はこちら★  土佐の清水さば   

高知県漁業協同組合|本所 〒780-0870 高知県高知市本町1丁目6番21号 高知県水産会館2階 TEL088-854-3600/販売部 〒781-0240 高知県高知市横浜1814-1 TEL088-803-7611
トップ アクセス