いきなりですが、昨年10月、高知県漁業協同組合はカツオ・キンメダイ・ゴマサバ(清水サバ)の3魚種・5漁業でマリンエコラベルの認証を受けました。そして先月29日の日曜日、認証を取得してから初めてのPRフェアをサンシャイン3店舗(ベルティス・クラージュ・カルディア)で行いました!!

みなさんマリン・エコラベル・ジャパン(以下「MELジャパン」)って知っていますか?
マリン・エコラベル・ジャパン(arine Eco Label Japan)は、水産資源を守り環境にやさしい漁業を認証する制度として2007年12月に発足しました。 この制度は、資源と生態系の保護に積極的に取組んでいる漁業を認証し、その製品に水産エコラベルをつけるものです。このラベルがつけてある水産物を消費者の皆様に選んでいただくことで、もっとしっかりと漁業を管理していこうとする漁業者を増やすことが狙いです。
                                      -マリンエコラベルジャパンホームページより-

この制度には生産者(漁業者)が取得する「生産段階認証」と、流通加工事業者が取得する「流通加工段階認証」とがあり、高知県漁業協同組合は県内の団体としては初めて、カツオ・キンメダイ・ゴマサバ(清水サバ)の3魚種を対象にした5つの漁業(カツオ曳縄釣漁業、キンメダイ樽流し釣漁業、キンメダイ手釣り(エサ)漁業、キンメダイ手釣り(毛ばり)漁業、サバ立縄釣り漁業)で認証を受けました。

           

フェア当日の朝、清水・室戸それぞれの市場で競り落とされた鮮度抜群のゴマサバと
キンメダイは、市場から直送でサンシャイン各店舗へ。売り場にはMELのポスターや
のぼりがたち、切ったばかりの刺身や寿司が店頭に並びました。
「環境に優しい漁法で獲った、鮮度抜群のお魚です!」っと声をかけると、足を止めて
たくさんの人が試食をし、話を聞いてくれました。パックを手にとって、「キレイね」っとう
れしそうに微笑みかけてくれた方もいて、こちらも嬉しく笑顔になりました。


釣り漁法で獲った魚体はキズもなく色もキレイで、市場から店に並ぶまでの過程
も確かで、安心・安全。パックに貼ったシールがその目印です!!




まだまだ認知度は低く、スタートしたばかりの「高知の魚・MEL」のPR活動ですが、今回のフェアを機にこれから県内のスーパーなどで順次PRフェアを行う予定です。
さっそく今度の土曜日には、高知県漁協の直販施設「海の漁心市」で試食を兼ねたPRフェアを行います!!

                    みなさん、高知の安心・安全なお魚をもっといっぱい食べて下さいね☆
                    そしてお魚を買う際には、「安心・安全」の目印として、マリン・エコラベルを1つ
                    の指針としていただけたらと思います。

                       

好評をいただいたPRフェア☆これを機に「おいしくて安心・安全の信頼ブランド」として、もっともっとMELについて広く知ってもらいたいです



   


マリン・エコラベル(MEL)について

近年、世界人口の増加や欧米の健康志向ブームなどで、魚の消費量が増加しています。一方で、乱獲や環境破壊などの影響で、水産資源そのものが減少しています。

未来の子供たちにもおいしい魚を食べてもらうため、「持続可能な海洋資源の利用」を進めていくためにも、この取り組みをたくさんの人に知ってもらい、MELのラベルに関心を持っていただきたいと願います。
JF高知県漁業協同組合
高知県漁業協同組合|本所 〒780-0870 高知県高知市本町1丁目6番21号 高知県水産会館2階 TEL088-854-3600/販売部 〒781-0240 高知県高知市横浜1814-1 TEL088-803-7611
      安心・安全 高知のお魚PR
トップ アクセス