この度、トップページに『観光釣りイカダ』を掲載する前から行きたいと思っていた念願の”イカダ”に乗ってまいりました!!

土佐清水市の高知県漁協布支所に着いたのが午前10時過ぎ、
空は快晴、波もあまりなく、とっても良い天気でした。
今回取材をするにあたって天気が一番気になっていたため一安心♪

右の写真は布支所の2階ベランダから港を取った1枚です。

真っ青な空と、静かな港の様子に心が落ち着きます。
空気も高知市内とはちょっと違いましたね。

私がついた時、船頭さんはちょうどイカダのお客さんのもとへ
お弁当を届けに行っていたため、しばし景色を楽しませていただきました。


布支所では13年ほど前からイカダを始めたそうです。きっかけは船頭の浦安さんが”釣りイカダ”の事を人から聞いて知り、
自分たちもやろうと発起!!当初は四角い昔ながらのイカダでやっていたそうですが、台風で時化た時など回収に大変
手間がかかったため、乗らなくなった
大敷網の船を安く買い取り、今の形になったそうです。
船頭さんは2人で1週間交代で海に出ているそう。前年までは朝から昼の便だけでなく、昼の3時から夜10時までの便もあ
ったそうですが、年齢的なこともあり昼だけになったそう。

さて、いよいよ船に乗ってイカダに向かいます


地上からの目視はできませんでしたが、船がだんだん近づくにつれ、
海上に2隻の船が浮いているのを発見。これが布のイカダです!

イカダと表現するより、船と言った方が分かりやすいですかね!?

  イカダに接近!!
      

















イカダは2隻あり、各5人ずつ乗れますが、この日は4人と3人。
このうち1人にお話を聞くことが出来ました。

連休をとって春野から来ていた北山さんは、この日6時に港を出発して
約4時間、この時点でスマ2匹とイサギ2匹をゲットされていました。

後日もう一度お話を聞くと、翌日はあまりよくなかったが、その次の日
にはスマ8匹(50cm位)と真鯛2匹(40cm位)を釣り上げたそう!

連日の釣りとその釣果にうらやましい限りです!


布のイカダには何回も来たことがあるそうで、仕掛けはふかせ釣りやいけいけでしているそう。ここは魚がついているから
釣れるそうです。


職員の方や船頭さんに話を聞いたところ、土日だけでなく平日も予約が多く、休みの日には2カ月前から予約が入るそうです。
常連さんも多く、他に親子連れや職場仲間、おじいちゃんがお孫さんと一緒に来られる方も♪もちろん1人で来られる方も多い
そうですよ。

釣れる魚種は季節によりますが全体的に豊富で、春にはグレ、夏にはスマ・イサギ・カツオ・シマアジ、秋は渡船の磯渡しも
人気でグレやイシダイを狙いに、冬はクエやアカメが釣れるそうです。事務所には、お客さんが釣った魚の写真が壁にいっぱい
張られていました。かなり大物もたくさんいましたよ!!動かぬ証拠です
























イカダ(船)の上は予想より揺れがなく、初心者の私でも平気でした。
(長時間となると分かりませんがf ^^;)

でも絶対に日を改めて舞い戻ります!
今回は取材としてだったので釣りを楽しむことができなかったのが、本当に残念。
広くて青い太平洋の上で、自然を感じながらのんびり釣りがしたいぃ!

みなさんにも絶対にお勧めです。いろいろとせわしい現実から離れ、
静かな海の上での特別な時間を過ごしてみませんか?
特別な休日になること間違いなしです

JF高知県漁業協同組合

高知県漁協布支所へ

イカダに乗ってきました

   船頭の浦吉さん
いろんな話をしてくれました

船に乗せてもらって、イカダに向かいます★

高知県漁業協同組合|本所 〒780-0870 高知県高知市本町1丁目6番21号 高知県水産会館2階 TEL088-854-3600/販売部 〒781-0240 高知県高知市横浜1814-1 TEL088-803-7611

トイレも完備(女性には嬉しいですね)

壁いっぱいの写真

釣り糸の先には・・。ドキドキ

春野からみえた北山さん
帽子がっとってもお似合いです♪

釣りたての”スマ”×2

船の上から陸を眺めて・・。

トップ アクセス