高知県漁業協同組合|本所 〒780-0870 高知県高知市本町1丁目6番21号 高知県水産会館2階 TEL088-854-3600/販売部 〒781-0240 高知県高知市横浜1814-1 TEL088-803-7611
JF高知県漁業協同組合

  
               親子料理教室   今回はアジ!!


お天気に恵まれた先週末5月15日(日)、高知県漁協とサニーマート、そしてつりぐの岡林の3社タッグによって料理教室が行われました。場所はサニーマート御座店2階のキッチンプラス、今回で4度目の開催です。

この日は朝9時からつりぐの岡林さんの主催によって『わくわくファミリーフィッシング』in宇佐休日に親子で海へ釣り糸をたらす・・、なんだか理想の休日ですよね(^^*)この日の釣果、メインはサバゴやアジゴ。決して大物ではないですが、入れ食い状態で1人で30匹釣ったという女の子もいました。竿にビクッとくるあたりの瞬間、たまらなく興奮しますよね、それに最初は大きさどうこうよりもたくさん釣れた方が楽しいし!大人しそうに見えた子ですがとても楽しそうに話してくれて、私も子供の頃にお父さんとお兄ちゃんと釣りに行ったなっと思い出して温かい気持ちになりました。ちなみに他にはガシラやカマス、コッパグレなども釣れたそうです。


さてさて、では本題のお料理教室について

本来なら釣った魚を調理して・・っといいたいところですが、釣果は天候
などに左右されるため今回は高知県漁協が高岡産(室戸)40cm前後
のアジと以布利産(土佐清水)のアオリイカを用意させていただきました。

水産担当の島崎さんとキッチンプラスの徳弘さんに教えていただきます。

今日の献立はアジのムニエルとアオリイカのお刺身。釣れたお魚は島崎
さんから調理方法についてアドバイスをもらい、夜ご飯の食卓へ        みんなの視線は先生の手元に集中!!

まずはアジの3枚おろし!ゼイゴの取り方から包丁のあて方など、丁寧に説明してくれながら実演。子供達は「すごいね、はやこんなになった!」と大はしゃぎ♪続いてアオリイカの皮をはいでお刺身にしていく際も「墨袋ちょうだい」「イカはうまイカ?」などと元気いっぱい。元気が良すぎて包丁を握る先生の近くに接近しすぎて、注意される場面もありました。午後のお料理教室から参加の組みもいましたが、とにかくみんな好奇心が旺盛で興味津津な目をしていました。

ここでひとつ、島崎さんに教えてもらったアオリイカの皮ののけ方を紹介します。アオリイカは他のイカに比べて皮が固く、お刺身にする時はのけておかないと噛みきれなかったりします。でもこの皮を手でのけるのは手間がかかって正直ちょっとめんどくさい><そう思っている方必読です!内臓側の皮は残っていても気になりませんが、外側は皮が4層になっていて厚いそう。なので開いたイカを縦に3つに切ったあとで外側を下にして魚の皮をひくのと同じようにすると、驚くほどきれいに皮がのきました!あまりにきれいにのいたので、驚きと同時に爽快感がありました。お母さん方もビックリ!「へぇ~」っと感心の声が上がっていました。あとは実践あるのみ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各テーブルに分かれた後実際にアジを3枚にしていったのですが、ここはみんな真剣!やったことある子もいましたが初めての子のほうが多く、お父さん・お母さんに教えてもらいながら慎重に包丁を入れていきます。中にはほとんど魚をさばいたことがないというお母さんもいて、そんな方には島崎さんがマンツーマンでアドバイスでもみんな、楽しそうに調理していました。
中骨をとって適当な大きさに切ったあと、塩コショウと小麦粉をまぶして焼いていきます。ゆで卵で特製ソースを作り、盛り付けも完了

                      お料理教室の様子を写真で紹介

    
 初めてお魚さばきます。手を切らないでね         お父さんも頑張ってます           兄弟で仲良く、ゼイゴ取ってます
                                                        見て、出来たよ!
            
    お母さんと一緒にお料理、楽しいね          姉妹で協力しながら盛り付け作業        
       


島崎さんがキレイに盛りつけてくれたアオリイカのお刺身と、自分達で料理したアジのムニエル、みんなおいしそうに食べていました。自分で作った料理は特別な味がしたんじゃないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の料理教室の中で、共働きの家庭では普段はご飯を作るのに時間的に余裕がなく、一緒に料理を作ることはほとんどないという意見を聞きました。たしかに、仕事から帰ってきて料理をするのはそれだけでも大変なのに、そこで子供と一緒に台所に立つのは時間もかかるので難しいですよね。

                      そんな方にはぜひこういったイベントを通じて、子供たちに食に関してもっと
                      興味を持つきっかけにしてもらいたいと思いました。色々なものを見て、触っ
                      て、食べて。体も心も今が育ちざかり、たくさんの経験をして色々な考え方の
                      できる大人になってほしいと思います。
                      
                      そしてお魚もいっぱい食べて、お魚大好きになって下さいね。

 

               :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

トップ アクセス