~カツオの美味しい食べ方発見!!~                                            

              カツオの試食会                    
               



先日、有限会社日昇さんが自社のパンフレット作成の為に開いた「カツオの写真撮影&試食会」に参加させていただきました。

カルポートの調理室を貸し切り、まるで小学校の家庭科室のような懐かしい感じのする会場でイベントは行われました。
カツオは捨てるところがほとんどなく、頭から尻尾までほとんど食べることが出来ます。料理の幅も広く、今まで知らなかった食べ
方もたくさん教わりました。こうして魚のおいしい食べ方を学び、広めていくことで少しでも魚食普及につながればと思っています。


                             まず最初に、カツオの一本釣りを行う船首さん達をはじめ、たくさんの
                             方が力を合わせ、カツオ丸ごと一本をさばくところから始まりました。
                             豪快なさばき方を直接目の当たりにしたのは今回が初めてで、身の
                             つき方や包丁の刃の入り方など、見ていてすごくわくわくしました。

                           ←  豪快でしょ!?さすが海の男ってかんじですよね




カツオ丸々1本食べたことがある人、または食べ方を知っている人はあまりいないと思います。
買ってきたその日は刺身やタタキ、次の日は火を通して煮物にしたり、焼いたりと・・これぐらいが一般的なレシピでしょうか?

今回は海の男ならではの船上レシピも教えてもらうことが出来ました。




          

       パイレン                 味噌タタキ            おなじみのカツオたたき

               
     
   はらんぼの素揚げ           味噌タタキのつみれ汁           おなじくお茶漬け




左上の「パイレン」ってきいたことありますか?これはカツオの骨など、普通なら料理にならない部分を食べやすい大きさにぶつ切
りにして、多めの塩で半日~1日しめて、水で洗って酢しょうゆやポン酢などで食べる、船上でのお酒のあて的なものだそうです。

1口パクッといただきましたが、強めにお塩が効いていて、ついつい癖になってしまう様な感じでした。
そして鰹のタタキに味噌タタキ。つみれ汁とお茶漬けは、この味噌タタキを直径3cm位に丸め、ちょっと手を加えただけです♪
簡単ですが、これはかなり美味しかったです!!

レシピの詳細は「高知の鮮~お魚のレシピ~」に掲載しています。是非ご家庭でもチャレンジしてみてください。

レシピはコチラから カツオの味噌たたき&アレンジレシピ♪




どうですか?1本のカツオからこんなにたくさんの料理が出来上がりました。どれも出来たてアツアツ、本当においしかったです。

1本を家でさばくのは難しいとは思いますが、今はお店でもオープンキッチンで自分の選んだ魚をその場でさばいてくれるお店も
増えてきています。高知県漁協でも、海の漁心市にて自分で選んだ魚を目の前でさばいています。ウロコだけ取ったり、2・3枚
おろしや節にしたりできますので、家ですぐに調理することが出来ます。
ぜひご活用いただき、もっともっと美味しいお魚を食べていただきたいと思います♪

カツオはこれからが季節です。旬の物は縁起が良いとも言われています。ぜひ今夜の食卓に1品、いや2品、加えてみてください。

★★今回のイベントの詳細は「有限会社日昇~カツオを美味しく食べる会~」に詳しく載ってます。★★
     
こちらから  http://www.kochikatsuo.com/

高知県漁業協同組合|本所 〒780-0870 高知県高知市本町1丁目6番21号 高知県水産会館2階 TEL088-854-3600/販売部 〒781-0240 高知県高知市横浜1814-1 TEL088-803-7611
JF高知県漁業協同組合
トップ アクセス