餌のサンマ
餌の準備は奥さんの仕事です


 ~清水サバはこうやって獲る!!~                                            
                           た  て  な  わ  ぎ ょ  ほ  う
                サバ立縄漁法  
               


ここ清水では、”立縄”という漁法によって清水サバの漁を行っています。

今回立縄漁の現役漁師さんにお話を聞くことが出来たので、早速リポートしたいと思います。


まず最初に立縄漁とは、1つの仕掛けに約20~25本の針のついた漁具を用い、
仕掛けの先に重りを付け、針1つ1つに餌を付けます。

そして浮には発泡スチロール(30×30×40cm位)を使います。

この浮は海上でも分かりやすい様蛍光色で塗装され、船名と番号が表記されている
ので、潮で流されて分からなくなった際、誰かが見つけて取って来てくれるんですよ。

みんな助け合って漁を行っているんです。


                  
     明日の仕掛けを準備中          この針1つ1つに餌を付けます       これが浮です。結構目立つ






立縄漁の漁師の朝は早いです。深夜1時半に起きて2時に、早い人では1時に港を出発します。
周りは当たり前のことながら真っ暗、私は夢の世界に入ったころの時間帯です。

そして1時間半程かけて、港から30キロメートル沖合の大陸棚の広がる漁場へ向かいます。潮の流れや天候などを見ながら魚場を
確保し、立縄漁船が横一列並びます。そして決まった時間になるとよーいドン!でスタート、仕掛けを1つずつ海へ流し始めます。
仕掛けの数は30~40位、全部流すのに30分位かかり、距離にすると約2キロだそうです。


仕掛けを全部流し終えると、スタート地点に戻ってアタリを待ちます。夜明け頃、お腹をすかせた魚は深い所から上がってきてレッツ食事タイム♪♪さてここから仕掛けの回収にかかります。
1つの仕掛けを上げるのに大体5・6分位、8時半頃に漁を終え、奥さんの待つ港へ帰ります。

港に帰ってくるのは大体10時前後になり、そこから水揚げを行います。

この後は奥さんと一緒に仕掛けを直したり、新しいのを作ったりします。特に脂ののっている今の時期はサメが出ることが多く、仕掛けがもつれて切れたりするので大変です。





旦那さんが漁に行っている間、奥さんも大忙しです!!

夜中に起きて旦那さんのお弁当を作り、行ってらっしゃいとお見送り。その後少し寝ることも
あるそうですが、前日の仕掛けを直したり、家事をしたりと仕事が山積みです。
旦那さんが港に帰ってくる頃には港に行き、船から水揚げされた魚を運び、大きさによって
選別します。
そして市場に魚をおろした後は明日の準備にさっそく取りかかります。

旦那さんが仕掛けを作っているすぐ横で、奥さんは餌の準備をしていました。餌にはサンマやイワシ、
イカを使うそうで、この日は傷がいって商品にはならないサバをさばいていました。
さすがに慣れた手つきで、どんどんと切り身になっていきます。
私がやったら間違いなく日付が変わってしまいますf(^-^;


               
     さすがの包丁さばき            2人仲良く明日の準備              立縄漁船


旦那さんが作り終わった仕掛けに餌を付けて、明日の準備は終わりです。





この後も家に帰れば家事が待っています。洗濯物に掃除に夜ご飯の準備などなど、やることはいっぱいです。小さな子供がいた
らなおさら大変!!しっかり者で働き者な奥さんじゃないと務まらないなと思いました。

他の漁法では1人でできる漁もたくさんありますが、立縄漁は夫婦でないとなかなか難しく、夫婦が仲良く助け合い、家族の協力
が必要不可欠なのです!!

今回取材させていただいたご夫婦も、すごく仲良さそうでした。旦那さんが色々な話を聞かせてくれている間、すぐ横でエサの準
備をしながら、取材がスムーズに運ぶよういろいろと気を使ってくれました。
旦那さんを支えている姿、2人の仲睦まじい様子を見て、学ぶことがたくさんあり、とても内容の濃い取材になりました。

                                               

JF高知県漁業協同組合
高知県漁業協同組合|本所 〒780-0870 高知県高知市本町1丁目6番21号 高知県水産会館2階 TEL088-854-3600/販売部 〒781-0240 高知県高知市横浜1814-1 TEL088-803-7611

立縄漁を分かりやすく解説した図

ご協力、ありがとうございました!!

トップ アクセス