高知県漁業協同組合|本所 〒780-0870 高知県高知市本町1丁目6番21号 高知県水産会館2階 TEL088-854-3600/販売部 〒781-0240 高知県高知市横浜1814-1 TEL088-803-7611
産地巡り、今回は赤岡支所を紹介します。

場所は吉川のすぐ隣で、同じく合併によって平成18年に香南市となりました。

赤岡と言えばやっぱり「どろめ」ですよね!
去年行ったどろめまつりはまだ記憶に新しく、快晴の空のもと、どろめとお酒を
いただく大杯飲み干し大会の雰囲気は忘れられません。


海岸沿いを走る「ごめん・なはり線」の赤岡駅には、やなせたかしさんが手がけ
た各駅のイメージキャラクター20体がならぶキャラクター広場があり、あかおか
えきんさんと、どろめちゃん・大漁君も一緒に駅を利用する人を出迎えています。


どろめについてや、昨年のどろめまつりの様子についてはこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どろめの漁期は秋から春にかけて、今年2月3月は結構獲れたと赤岡支所の山崎さんに教えていただきました。暑い時期よりも寒い方が魚は良いですからね。支所の近くにはいくつかおじゃこの加工場があり、堤防沿いからもおじゃこを干している様子を見る事が出来ました。そのうち三浦屋さんにおじゃますると、広い敷地にはじゃこを干す台がいっぱい並んでいて、お店にはエビ入りやイカ入りなど様々な種類のおじゃこが販売されていました!うす塩でかまゆでされたちりめんじゃこは、柔らかくてほんのりうす塩で、食が進むこと間違いなし!!実際にこの日の夜ご飯は白ご飯の上におじゃこをのせて、おかわりしました(^ー^*

     
      三浦屋さん店内写真            平日昼下がりの漁港内         支所2階のベランダには赤いお宮があり、
                                                         恵比寿さんがまつられていました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他に、赤岡といえば絵金も有名です。幕末の絵師・弘瀬金蔵、通称「絵金」、ちょうど来週末7月16・17日には土佐赤岡絵金祭りも行われます。私も行ったことありますが、ろうそくの明かりで照らされる屏風画は独特な雰囲気をかもしだしていますよね。どろめと絵金の町”赤岡”へ、皆さま是非足を運んでみて下さい。




 
   高知県漁業協同組合 赤岡支所
         〒781-5310
      高知県香南市赤岡町183
       ☎0887-55-3161

赤岡支所すぐ西側の堤防から

JF高知県漁業協同組合
産地巡り ~赤岡~
Kochi Prefecture fishery cooperative

高知県漁業協同組合 赤岡支所

トップ アクセス