さーてさてさて、キンメダイの魚体色についてお話ししましたが、次はスルメイカについて少しお話させていただきます。

少しずつ認知度が上がってきているかと思いますが、加領郷では昨年の夏から漁師さんが海で釣り上げたばかりのスルメイカを開いて船上で天日干しにする、その名の通り”船上天日干しスルメイカ”の商品開発が進められてきています。みなさん知っていますか?スルメイカも鮮度によって色が違うんですよ!鮮度が良い物ほど色が濃く、落ちると白くなるんです。コレも支所長さんに教えていただいたんですけどね。

スルメイカの旬は夏、その時期に揚がる重さ300g以上、胴長25cm以上のものが規格となります。なんと言っても鮮度抜群、船上で天日干しされ海風を受けて乾燥したスルメイカは甘くて柔らかいのが特徴!イベントでご一緒させていただいた際にも試食したお客さんの反応はなかなかのものでしたよ。

残念ながらまだ一般に流通はされておらず、今は県内各イベントや役場関係、奈半利町駅にある物産館、漁協直売所にて販売しています。今後は原料の確保や販路の拡大、販売・発送方法などを関係者で試行錯誤しながら、地域の起爆剤にすべく一歩ずつ前に進んでいっています。

支所長さんに「加領郷支所の良いトコロ」をお聞きすると、「みなまじめで、海が荒れた時以外は毎日漁に出るところ」という返事が返ってきました。60歳代の漁師さんがメインだそうですが、みなさん元気です!そして奥様方も元気!

  漁協の婦人部として様々な活動をされていて、地元産の食材を使ったお惣
  菜(特にキンメダイの炊き込みご飯が人気)などを販売されています。毎週
  日曜日には地元のもたみ橋で行われる「もたみ市」での販売のほか、南国
  市のサニーアクシスでも販売しているそうです。以前ふるさと祭りの時にご
  ちそうになったキンメダイの炊き込みご飯、本当においしかったです

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  今回行くことはできなかったのですが、加領郷にある信守神社は、その昔
  から漁船の安全と大漁を祈願したといわれているそうす。そしてここで行わ
  れる神事(加領郷獅子舞)は県指定の無形文化財にもなっているとか・・。

2月に入ってここ数日暖かい日が続いていますが、今週末(2月11~13日)
の3連休はまた寒さが戻るとか・・。
やはり取材をするなら天気が良く漁のある時に行きたい!
そんな考えとベストマッチしたこの日、以前イベントでご一緒させていただいた
加領郷支所へ行ってまいりました。

加領郷は奈半利町の1番南に位置する漁師町で、国道55号線から見える
防波堤に描かれたカラフルな壁画が目を惹きます。
この壁画は地元の小学生らによって描かれたものだそうで、色使いもカラフ
ルで元気いっぱいな印象を受けます。私も以前から気になっていたんですが、
結構気になっている人は多いんじゃないでしょうか
 

ここで初見(はっけん)!揚がったばかりのキンメダイはまだ胸ビレが動いていて、
今まで見たことがない位色が白くてビックリ!!そして水揚げしてからのわずかな
時間の経過と共に、だんだんと色が濃く赤くなっていきました!

漁師さんや職員さんから「コレが鮮度が良い証拠」だと教えてもらい、てっきり魚体
は赤い方が新鮮だと思っていたので正に目からウロコでした><
                                                      水揚げ直後の写真。白っぽいでしょ

キンメダイは大陸棚の広がる水深200メートルよりも深い深海に生息しているので、魚場が遠いと釣り上げてから港に戻るまでに時間がかかり、カンコ(船内の魚槽)の中で弱ってしまうのですが、この時はまだ生きていたので色がこんなに違ったんですね。
簡単にまとめると「釣り上げた時のキンメダイは白く、そこから時間と共に赤く変化していく」こんなかんじでしょうか他に、釣り上げてからすぐに氷で冷やし過ぎると白いままだという意見も・・。
そして水揚げされたばかりのキンメダイの目は、少し離れてみると本当に金色に見えましたよ徐々に赤くなっていく魚体色の変化はちょっと幻想的で、とてもいい勉強になりました(*^-^*

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




     ただいま商品開発中!!

近くには昭和10年頃に建築され、登録有形文化財にも指定されているという「大西家住宅」や、「琵琶ヶ滝」という滝もあるそうで、見どころ満載!!また日を改めてゆっくり見に来ます
JF高知県漁業協同組合
高知県漁業協同組合|本所 〒780-0870 高知県高知市本町1丁目6番21号 高知県水産会館2階 TEL088-854-3600/販売部 〒781-0240 高知県高知市横浜1814-1 TEL088-803-7611

高知県漁業協同組合 加領郷支所

産地巡り ~加領郷~
Kochi Prefecture fishery cooperative
 
  高知県漁業協同組合 加領郷支所
         〒781-6401
   高知県安芸郡奈半利町甲3410
       ☎0887-38-4005
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お昼時の漁港には、車でお弁当を食べる人や釣り糸を垂らす人、散歩する人などゆったりとした時間が流れていました。市場では漁から帰ってきた船の水揚げが行われていて、キンメダイやモンズマ、平サバの姿がありましたよ。
← 国道からも目を引く壁画
トップ アクセス